岐阜市トップページ > 審議会情報トップ > 審議会等の議事概要 > 議事概要詳細

第 21 回 岐阜市障害者施策推進協議会
最終更新日:2008年05月28日
開催日時 平成20年5月22日(木)午前10時00分から11時30分まで
開催場所 消防本部6階 大会議室
議題 1 第2次岐阜市障害者計画第2期実施計画及び、第2期岐阜市障害  福祉計画について
   ・ 計画策定のスケジュ-ルについて
   ・ 小委員会の設置について
2 障害者自立支援法の施行状況について
出席委員 佐藤昭三 委員   岐阜県健康福祉部障害福祉課 課長
      (代理出席 山田総括管理監)
細江和章 委員   岐阜労働局職業対策課 課長
池谷尚剛 委員(会長)岐阜大学 教授
子安崇雄 委員   東海学院大学 客員教授
河田勝博 委員   岐阜市小中学校長会 会長
山田洋一 委員   岐阜商工会議所 専務理事
松井逸朗 委員   岐阜市身体障害者福祉協会 会長
須田重行 委員   岐阜地区知的障害者育成会 理事長
川上昭雄 委員   岐阜市聴覚障害者福祉協会 会長
佐藤淳子 委員   岐阜市肢体不自由児者父母の会 副会長
吉田朱美 委員   特定非営利活動法人つっかいぼう 理事長
上嶋廣美 委員   岐阜県難病団体連絡協議会岐阜支部 支部長
水野佐知子 委員  日本自閉症協会岐阜県支部岐阜市ブロック ブロック長
山田 稔 委員   岐阜市重症心身障害児(者)を守る会 会長
後藤一郎 委員   岐阜市あけぼの会(精神障害者家族会) 会長
林 守男 委員   社会福祉法人いぶき福祉会 理事
遠藤利通 委員   社会福祉法人岐東福祉会 事務長
北川智恵美 委員  社会福祉法人清穂会 理事 
安田和夫 委員   岐阜市立岐阜特別支援学校 校長
鈴木一子 委員   岐阜市民生委員・児童委員協議会 副会長
西野洋一 委員   社会福祉法人岐阜市社会福祉協議会 理事
一野憲彦 委員   社会福祉法人岐阜市社会福祉事業団 理事長
山本広子 委員   公募に応じた市民
高橋幸雄 委員   公募に応じた市民
 
会議の公開の可否
(非公開理由等)
公開 
傍聴者数 5 人 
審議概要
配布資料
① 第2次岐阜市障害者計画
② 第2次障害者計画(概要版)
③ 第2次岐阜市障害者計画第1期実施計画
④ 第1期岐阜市障害福祉計画
⑤ 第1期岐阜市障害福祉計画(概要版)
⑥ 国の第31回社会保障審議会障害者部会の資料(抜粋)
⑦ 岐阜市の障害者状況等
⑧ 今後のスケジュ-ル予定
⑨ 岐阜市障害者施策推進協議会委員名簿
⑩ 岐阜市障害者施策推進協議会幹事名簿
⑪ 平成19年度第2回岐阜市障害者施策推進協議会 会議録
⑫ 岐阜市障害者施策推進協議会条例

議事内容
事務局
 それでは、定刻になりましたので平成20年度第1回岐阜市障害者施策推進協議会を開催させていただきます。
最初に、資料をお手元にお配りしております。よろしくお願いします。
本日は、お忙しい中お集まりいただき、まことにありがとうございます。
 岐阜市障害者施策推進協議会を開催させていただきます。
本日ご出席の委員は、28名中23名出席、また代理出席1名で過半数に達しておりまして、協議会が成立していることをご報告いたします。
はじめに委員のご紹介をいたします。
岐阜県健康福祉部障害福祉課長 佐藤昭三 様 本日は、山田総括管理監が代理ご出席でございます。
岐阜労働局職業対策課長 細江和章 様
岐阜大学 教授 池谷尚剛 様
東海学院大学 客員教授 子安崇雄 様
岐阜市医師会 理事 中根康雄 様 本日は、ご欠席でございます。
国立病院機構長良医療センタ- センタ-長 上野陽一郎様 
本日は、ご欠席でございます。
岐阜市小中学校長会 会長 河田勝博 様
岐阜商工会議所 専務理事 山田洋一 様
岐阜市身体障害者福祉協会 会長 松井逸朗 様
岐阜地区知的障害者育成会 理事長 須田重行 様
岐阜市視覚障害者福祉協会 会長 稲城栄一 様 本日は、ご欠席でございます。
岐阜市聴覚障害者福祉協会 会長 川上昭雄 様
岐阜市肢体不自由児者父母の会 副会長 佐藤淳子 様 本日は、所用のため遅れてのご出席とお伺いしております。
特定非営利活動法人 つっかいぼう 理事長 吉田朱美 様
岐阜県難病団体連絡協議会岐阜支部支部長 上嶋廣美 様
岐阜市言語障害児をもつ親の会 副会長  鈴木貴子 様
日本自閉症協会岐阜県支部岐阜市ブロック ブロック長 水野佐知子 様
岐阜市重症心身障害児(者)を守る会 会長 山田稔 様
精神障害者家族会(岐阜市あけぼの会)会長 後藤一郎 様
社会福祉法人いぶき福祉会 理事 林守男 様
社会福祉法人岐東福祉会 事務長 遠藤利通 様
社会福祉法人清穂会 理事 北川智恵美 様
岐阜市立岐阜特別支援学校 校長 安田和夫 様、本日は学校行事のため
遅れてのご出席と伺っております。
岐阜市民生委員・児童委員協議会 副会長 鈴木一子 様
社会福祉法人岐阜市社会福祉協議会 理事 西野洋一 様
社会福祉法人岐阜市社会福祉事業団 理事長 一野憲彦 様
公募委員 山本広子 様
公募委員 高橋幸雄 様
以上でございます。
皆様には、平成23年4月30日までの3年間委員をお願いいたします。
なお、委嘱状につきましては、時間の都合上、机の上におかせていただきましたので、ご確認をお願いいたします。
続きまして、協議会を補助する幹事の紹介をさせていただきます。
福祉部長 箕浦準二    
福祉事務所長 服部剛
保健所長 臼井曜子      
総合政策課長 伊藤 彰啓
交通総合政策課長 古市勝志 本日は欠席でございます。
財政課長 浅井文彦 代理出席でございます。 
行政課長 大見富美雄
商工観光政策課長 丹治克行
福祉政策課長 坂口正
健康政策課長 服部芳靖
消防総務課長 中川俊彦
都市防災政策課長 足立尚司
まちづくり推進政策課長 堀江明
都市建設政策課長 村山三紀夫 代理出席でございます。
基盤整備政策課長 横山泰三 代理出席でございます。
市民参画政策課長 佐橋伸弘
教育政策課長 武藤広文 
以上でございます。
ここで、本来なら岐阜市長がご挨拶するべき所ですが、公務のため出席できませんので、市長に代わり成原副市長がごあいさつ申し上げます。

副市長
今日は、本当にお忙しいところ、委員の皆様、岐阜市障害者施策推進協議会にご出席をいただき、まことにありがとうございます。
 推進協議会の委員の皆様におかれましては、この5月1日に新たに任期が始まりまして、平成23年4月30日までの3年間をお願い致すものでございます。
今日は、任期最初の会議となるわけでございますが、会長さんを選出していただきました後に、重要事項の審議をしていただく予定になっております。
最近のこの協議会の活動を振り返ってみてみますと、まず平成17年度には「第2次障害者計画」 副題が「誰もが自立してともに暮らすまちをめざして」平成17年度~平成26年度までの10か年計画と、それからこの計画の第1期実施計画がございまして、平成18年度~平成20年度までの3か年の計画でございます。このふたつはいずれも障害者基本法に基づく計画でございます。これを平成17年度にご審議をしていただきました。それから平成18年度には、第1期障害福祉計画名前が大変似ておりますので、紛らわしいわけでございますが、これは障害者自立支援法に基づくものでございまして、平成18年から20年度までの3年計画これについて、審議していただきました。これらの計画に基づきまして、バリアフリー化とか障がい福祉サービスの提供という障がいのある方々への施策に取り組んできたわけでございます。
とりわけ、目に見えて分かりやすい事例といたしましては、JR岐阜駅北口、駅前広場の整備におきまして、ユニバーサルデザインの考え方を取り入れまして、エレベータの設置とかバスロケーションシステムなど、皆様が本当に、使いやすい施設整備に心がけてまいったわけでございます。
また、障害者自立支援法の関係でございますけれども、今年度7月から「障害者自立支援法の抜本的な見直しに向けた緊急措置」と言う事でございまして、利用者負担の月額上限額を更に引下げる予定になっておりまして、担当部署が鋭意準備を進めているところです。
自立支援法の法施行後3年即ち平成21年度を目途とした見直し議論は、これから本番を迎えるという時期になるわけでございますが、これまでにも、一昨年の負担軽減や、またこの7月にも負担軽減が行なわれることになってきたわけでございますが、3年の見直しにあたりましても、皆様のご意見を充分お聞きしながら、国へ意見、要望を提出してまいりたいと考えております。
ところで、今年度、皆様に携わっていただく重要事項といたしましては、平成21年度から平成23年度までを計画期間とします「第2次障害者計画第2期実施計画」と「第2期障害福祉計画」のこのふたつの計画を策定をすることとなっております。
とりわけ「第2期障害福祉計画」につきましては、厚生労働大臣が定めます基本指針に基づいて策定することとなっておりますが、ご承知のように、最近の社会保障、福祉、保健・医療これらに関する財源の議論を含め、国、国会の動きを見ておりますと、大きく変化する可能性がどうも感じられるわけでございます。
このような状況にある現在でございますが、できるだけ皆様方と最新情報を共有しながら、岐阜市の特性を活かしたそれぞれの計画策定するため審議をすすめ、どうぞ皆様の活発な議論をいただきますようお願い申し上げ、あいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。

事務局
 成原副市長は、他に所用がございますので、ここで退席をさせていただきます。
  (副市長退席)
 それでは、本日の会議次第1の会長の選任及び会長職務代理の指名にはいります。会長は委員の互選による選出となっておりますが、いかがいたしましょうか。
(委員の挙手有り)
委員
 岐阜大学教授であられる、池谷先生にお願いしたいと思いますがいかがでしょうか。

事務局
 池谷委員とのご推薦がございましたが、ご異議ございませんでしょうか。
  (「異議なし」の声あり)

 ご異議がないようですので、池谷委員に会長をお願いいたします。会長席への移動をお願いします。
 
 それでは、会長代理は会長の指名となっておりますので、よろしくお願いいたします。

会長
 改めまして、おはようございます。ただいまご推薦をいただき、この席に座らせていただきました、岐阜大学の池谷でございます。教育学部で特別支援教育の分野を担当させていただいております、障がい福祉に関しては、皆さんご存知のように、自立支援法の障害程度区分判定の審査会の委員を2年ほどさせていただきました。そのご縁で、こちらの会にもお呼びいただくことになりました、3年間よろしくお願い申し上げます。
まず、私の最初の仕事は、会長職務代理の指名となりますが、子安委員にこの任をお願いしたいと思います。
 (「異議なし」の声あり)
ありがとうございます。
子安職務代理
 ただいま指名に預かりました、子安でございます。何人か顔見知りの委員さんもいらっしゃいまして多少安心いたしておりますが、岐阜市との関係は施設等の第三者評価がされております時期に、何年かその委員をさせていただきました。それからしばらくご縁がなかったんですが、今回お呼びいただいたわけです、1940年生まれの老人でありますので、若干賞味期限がきておるんじゃないかと思っておりますが、池谷委員がお若いですので、代理なんてことは無いでしょうから、安心しておりますが、よろしくお願いします。

会長
さて議事に入ります前に、委員の皆様方にお諮りいたします。本協議会の審議につきましては、前回までの協議会でその都度の傍聴許可でなく、今年度中に開催の協議会について、一括して許可したらどうかとの発言があったと聞いております。平成21年3月末までに開催される協議会の傍聴を許可することとしてよろしいでしょうか。
特にご異議がないようですので、今年度の傍聴を許可することといたします。
 (傍聴者入場)
傍聴される方に、お願いがございます。お手元の遵守事項をご確認いただきご協力をお願い申しあげます。
 それでは、会議の次第に基づき議事を進めてまいりたいと思います。終了時刻を11時30分と予定しておりますので、委員の皆様にはご協力をお願いいたします。
 まず、議題1につきまして、事務局からの説明を求めます。

事務局
 説明
  議題1「第2次岐阜市障害者計画第2期実施計画及び、第2期岐阜市障害福祉計画」について事務局より説明

会長
 今、ご説明がありましたように、本年度取り組むべき内容につきましてご紹介、説明がありました。資料の8がスケジュ-ルでございますが、第2期の岐阜市の障害福祉計画につきまして、諸般の事情で、いろいろ岐阜市のオリジナリティで進めなければいけない所があるかと思いますが、この推進協議会として、4回ほど会合を持たせていただいて、その策定にあたりたい、ただし細かい点がございますので、今期の前の期もそうであったように、小委員会を設けさせていただいて、その点の審議を進めたいとの事でございましたが、議題と合わせて4回協議会について承認することとしてよろしいでしょうか。
質問、ご意見をお願いします。

委員

 今度、見直しで、障がいの範囲の拡大がまだはっきりしないけれどもと言う事をおっしゃてたんです、全くそのとおりなんですけれども、第四の障がいをつくると言う事で私どもずっと動いておりますが、自立支援法の中でですねえ、附帯決議事項として、自閉症と言う言葉が入っている訳です、そう言うものを含めて知的障がいの中での立案をされたのか、附帯決議事項は無視しても言いというふうに言われていますが、やっぱり苦労して附帯決議事項の中に自閉症と言う言葉を入れた訳ですから、市の方は充分にこれを考慮されているのか、伺いたいと思います。以上でございます。


事務局
 今、私どもの障害者計画及び障害福祉計画につきましては、身体障がい、知的障がい、精神障がいこの三つを対象としております、知的障がいにつきましては、知的障がいを伴うかどうか、自閉症を含んだいわゆる発達障がいの範囲の方につきましても、知的障がいを伴う方については対象としております。
 もう一つ今申し上げましたのと多少違う区分になりますが、障害者自立支援法になりまして、移動支援とか日中一時支援事業と言うカタカナではガイドヘルパ-、視覚障がいなり重度の肢体不自由の方に対する移動の介護を行うガイドヘルパ-ともう一つは、日中一時支援で、一時的に日中障がいのある方をお預かりする事業があります。その二つにつきましては、発達障がいのある方、知的障がいではないから療育手帳は交付されておりませんが、医師の診断によって発達障がいがあると診断された方については移動支援と日中一時支援の二つのサ-ビスをすでに提供しております。これは自立支援法の附則にございますように発達障がいは今後の新しい障がいの一つとして入ってくると思います。そういう事を見通してこの二つは、市の独自として付け加えさせていただいております。

委員
 ありがとうございます。
だけど、発達障がい、発達障がいって言いましても、訳のわかんないのも入っておりますので、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、知的障がいを伴う自閉症に対しての特化と言うものが非常に弱いものですから、知的障がいだけで処遇されてしまいますと、自閉症の重い強度行動障がい症状を現す部分が全く、教育においても福祉においても大変手がかかるものですから、そこのところを踏まえていただけたら、
発達障がいになると、非常に間のびしてしまいますので、私は、自閉症協会、自閉症の代表として出ておりますのでそれを確認させていただきました。
 県外の人たちも本当に助かると思います。IQはあてになりませんので、そう言う点でご配慮いただいてて、岐阜独自の優しさだと思って感謝しております。ありがとうございました。

会長
 その他に、各委員の皆様から、この議題1につきましてご質問やご意見ございますでしょうか。
特にご意見が無いようでございますので、議題1に基づきまして、今年度の協議会の審議すべき内容それから小委員会の設置につきまして、ご承認をいただけた事としたいと思いますが、よろしいでしょうか。
(「異議なし」の声あり)
 ありがとうございました。

それでは、引き続きまして議題2の「障害者自立支援法の施行状況について」事務局からのご説明をお願いします。

事務局
 説明
  「障害者自立支援法の施行状況」について事務局より説明

会長
 ただいまの「障害者自立支援法の施行状況」について皆様それぞれのお立場から、ご質問や、ご意見がございましたらお願いします。

委員
皆さんお分かりになってて、ご質問なさらないからすごいなあと思っておりますが、たとえば6ページです。「障害保健福祉サービスの現状」、一つだけ質問しますのでお答えください。
6ページ「相談支援事業の状況」その下に1、2、3、とありますね。それぞれの皆様方がこれでいろいろ出し合って真剣に定義されてると思うんですが、どんな内容でって言う事が全然わからない訳です。利用者抜きにして、って言う事がまず一点なんです。あっ、こう言う状況だから私たち無理も言ってられないなあって思う事も出てくると思うんですが、殊に①指定相談事業者数、相談はやるけど受け皿が無かったら助けられないんです。これが一番これ何十年と私が、言ってきたことなんです。これはどういうふうな方向になって行くんでしょうか。一年やそこらでこれは解決できないと思うんですが、相談だけでは落ちこぼれていってしまう人をどういうふうに捉えられているか、これが一点。それから③ですね地域自立支援協議会の設置箇所数、就学前と就学後、岐阜市の場合も非常に積極的にやられてるんですが、就学前でも①の相談と関わってくるんですが、三歳か四歳か五歳ぐらいで、切れてしまって学校へ上がる空間がそれぞれの保育園とか幼稚園とかにお任せするでも、そういうところで、困ったケースが出てきている、だからこういったところも就学前就学後とぜひどんな事が話し合われて、困っている人を助けていただいてるんだろうなあと、そういうところを疑問に思ってますので、いっぱいお聞きしたい事ありますが、相談支援事業の状況ここのところ2点伺います。
よろしくおねがいします。
障がい児みんなごっちゃまぜに混ざってます、障がいはひとつですと言うんですが、それぞれ特徴があるものですから、その特徴のために処遇が違ってたものですから、私ちょうど会を起こして40年になるんですが、そこのところ気になってるもんですから、お願いいたします。

会長
ただいまのご意見は、相談支援事業のいわゆる実際の場面で課題となっていること、それについてお尋ねをしたいという事なんですが、これは更にそれぞれの委員さんのお立場にもよってさらにご質問やご意見を出したい方もおられるのではないかと思うんですが、他に委員の方からご意見ございますか。
 よろしいですか、そうしましたら今の委員のご質問に答えるかたちで事務局から今のお考えをお願いします。

事務局
 今二つ、ご質問いただいております。順番が逆でございますが、障がいのある方の生活はずっと連続していくその中でライフステージによって保育所があったり学校があったり社会就労の会社があったりする中の情報の共有、本人の同意を得ながら必要な情報はつないでいくというご指摘なんだろうと思います。私どもも地域自立支援協議会、特にこども部会の中でも二つ学齢期、就学前と大きくいえばその二つの区分けでやっております。そこでもやはり就学前に関わっていた所からきちんと情報を提供したい、学校の方からも情報がほしいがなかなかそういったシステムが無い、全国を見ましても、そういったシステムをやっている所もありますが、情報を書き込んだシートを作成してご本人にお渡ししてつないでいく、そのような方法はどうかなどそういった検討会を地域自立支援協議会の部会で行っております。昨年度からの課題となっておりまして、今年度はそれをもう少し目に見える形にし作って行こうとしております。またこれは今後、医療機関さんやいろいろな方面のご意見を伺いながら、少しでもよりよい実際に使えるものにしていきたいと思っております。
一つ目の質問は、相談事業はあっても、実際そこへ結びつける事業所が不足しているのではないかと、またそういった事業所の力量はどうなのかとその二つの内容を含んだご質問だと理解しております。特に力量とまでなりますと私どもだけてはお答えしにくい部分もございます。また、事業所につきましても、一部の事業所につきましては、人員不足であるとか人がいないから一時休止にするというような状況の事業所も出てきております。これは必ずしも、お金が安いからという部分もございますし、福祉の現場に人が集まらないという状況もございます、そういった部分もみないと話は進んで行かないと思っております。またそういう中で、今日の新聞に載っておりましたが、一部介護保険法が昨日の国会で一部改正されまして併せて議員立法で介護の仕事の現場にあたる人材の育成法、議員立法ですので予算財源ついておりませんので、どこまで実行性があるかは別ですけれども、とにかく人材を確保していこうと国会も動き出しております。そういった大きな流れの中で、事業所が増えていく部分もあるだろうと考えております。

会長
ちょっと歯切れの悪い答弁ではありますが、これは国の大きな動きとの関係もあって、じゃあ岐阜市としてどうするのかと言うご意見がたくさん出てきて、この場でご協議ができるとよろしいかなと思います。
他にどなたか、ご意見がございますでしょうか。
この推進協議会につきまして、皆さまのお手元にある条例で決められたこの協議会のあり方が書かれております、こういったルールに従ってこの協議会は進めておる訳ですが、議題の1でご承認いただいた、本年度の進め方等も含めて皆様からのご意見があれば承りたいと思います。いかがでしょうか。

委員
少し今の資料とは違うところですが、「第2次岐阜市障害者計画・第1期実施計画」の中の6ページ短期入所の充実についてですが、今年度も努めますと書いていただいて感謝しております。その中で今年も資料が短期入所の病院ですね、希望が丘学園と長良医療センタ-と河村病院さんそれだけがでたんですけれども、その中で大変重度医療的行為の必要な方、特に呼吸器なんか着けた方で、長く岐阜県総合医療センタ-なんかに入退院を繰り返す方は、長良医療センタ-なんかは受け入れ難いんですね、なかなか受け入れていただけない、というところがあるんです、何度も岐阜県総合医療センタ-の方に短期入所をつくっていただきたいとお願いはしてるんですが、なかなか難しいて言うところがあるものですから、私たちこの会で署名活動なんかして、何かしら私たちにも出来る事があれば教えていただきたいってことが一点です。
それと、もう一点は、長良医療センターで障がい者を診ていただける先生が少なくなったと言う事ですね、病院が新しくなってから、辞められた先生が大勢みえまして、若い先生が増えたこともありまして、障がい者を診ていただける先生が限りなく少なくなっている事で、夜間とか、休日、急病そういった時に、先生がいらっしゃらないと診ていただけない、大変困った状況にあると言う事です。それもやはり私たちが何かしら運動して、可能性があるのなら、何かしら動いていかないと、お願いするばかりではだめだと思うんです、私たち大変困っているので、早急にこの問題、いつも大変感謝はしているんですが、なかなか良い返事がいただけないので、市の福祉課の方、県の福祉課の方からも何も返答が得られないので、個人的にでもよろしいので、アドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

  (個人的に回答することで対応)

会長
 他に、どなたかご意見ございませんでしょうか。
 それでは、以上を持ちまして本日の議事を終了させていただきます。
 事務局の方から連絡事項等お願いします。

事務局
お配りした、スケジュールではなかなか日程が解りづらいと思いますので、会議等につきましては、できるだけ早く連絡申し上げますので、よろしくお願いいたします。

会長
 これをもちまして、本日の協議会を閉会いたします。ありがとうございました。


午前11時30分 閉会

会議録(全文)
の有無